エアークローゼットはちゃんと趣味に合う洋服が届くのかどうか知りたい

エアークローゼットを試してみたいけど

「本当に可愛い洋服って届くの?」

「全然、趣味に合わない洋服ばかりだったらどうしよう」

って思っている人もいらっしゃるのでは??

 

このページではわたし管理人の趣味と実際にエアクロから届いた洋服を併せてご紹介していきます。

果たしてエアクロは使えるのか?!見ていきましょう!

 

fa-hand-o-downxdG6N 入力で1,000円OFF!fa-hand-o-down

 

わたしの「好き」「嫌い」をまずは確認

好きな洋服はこんな感じ!

  • シンプル
  • ベーシック
  • ちょっとだけ特殊なデザインが入っている

なんかツマラナイと言われればそれまでです。笑

 

特殊なデザインと言っても

  • ちょっとフリフリ
  • ちょっとドルマン
  • ちょっとスリット
  • ちょっとドレープ

ほどほどなデザインが好みです。

 

苦手な洋服はこんな感じ!

  • 柄物
  • 短い
  • ふわっとしすぎている

もちろん、程度にもよりますけどね。

あ、あと首元が狭いのや襟にポイントがあるものも大の苦手です。

 

では、実際にこのわたしの趣味に合う洋服は届いているのか見ていきますね。

 

エアクロは趣味に合う洋服はちゃんと届く?

わたしが好きだったエアクロの洋服

実際にエアークローゼットで届いた物で私が好きだったものをあげてみます。

こんな感じ。

やたらと青系が多いですが、好きなんです、私。

 

でも、明るい水色のものは、以前なら私にとって「奇抜」に近かった。笑

でも、エアークローゼットのおかげで今は抵抗なく着られるようになりました^^

 

わたしが苦手だったエアクロの洋服

では、苦手だった実際の洋服をみてみましょ~。

 

好きの方で挙げたものと全然違いますね!笑

 

すでに、もう何度も何度もエアークローゼットさんには

自分の趣味をお伝えしているので今は届くのはほぼ無地です。

 

この苦手な分野の洋服が届いたのは比較的初期の頃。

中には最近届いたのもあるけど(;´∀`)

 

でも、この苦手な洋服をご覧になって

「え、可愛いけど?」「こんな感じの好き!」

思う方もいらっしゃると思うんです。

 

つまり、エアークローゼットの洋服は幅が広い!

 

なので、わたしと趣味が合う方も合わない方も

エアークローゼット大丈夫です!ちゃんと好きな洋服届きます!

 

ちゃんと趣味に合う洋服が届くのでご心配なく!
たまにハズレもあるけど(小声)

 

趣味に合わなくてもチャレンジはしてみる!

もしかして似合うこともある

エアークローゼットの良いところは

普段自分では選ばないものも選んでもらえるということ。

そして、それに気軽にチャレンジできるということ。

 

私も届いたものは一応すべて着てみます。

 

苦手な方で挙げた洋服は私の中ではほほ全滅でしたが

一着だけ思いのほか似合ったものがあります。

 

それが、コレ。

好きな洋服はこんな感じ!

 

エアークローゼットでなければ一生着なかったタイプの洋服です。

初見では「ストライプって、あなた・・・」って思いました、ハイ。

 

でも、だいぶ似合った!

意外だったな、これはほんと。

 

そういう稀なケースもあるので

「おいおい・・・」と心の中で思いながらも

とりあえずは腕を通してみることを強くおすすめします。

 

 

このスカートも初見NGだったけど実際はOKだったもの。

エアクロ

結構、ふわっとしてますからね・・・

エアクロでなければ絶対履かなかったスカートでした。

案外、イケるもんです(笑)

 

fa-hand-o-right無料会員登録でエアクロおすすめのコーディネートをチェック!

 

 

さいごにまとめ

エアークローゼットは趣味に合う洋服が届く?届かない?をまとめてみました!

 

こんな風に、エアークローゼットでは様々な洋服、

ブランドを扱っているようなので、

「まったく自分の趣味に合わない!」

ってことは無いんじゃないかな?

って私は思います。

 

確かに最初はあまりにも趣味とかけ離れたものばかりが届いて

「コラーーーぁ!(# ゚Д゚)」

って思ったこともあったけれど!(ひどい)

 

でも、今はそんなことも少なくなりましたよ。

(皆無とは言えない)

 

今日は以上です♪

最後までありがとうございます^^
エアークロゼット公式サイト・残念なアラフォーがオシャレで居られる秘密
↓1000円引きです♪

↓エアクロについてまとめています。

関連キーワード
関連記事&スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事